スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れたXBOX360を修理センターへ

というわけで、昨日壊れたXBOX360を修理センターへ発送しました。amazonの購入履歴を見ると2007年の11月に購入しており、3年の保障期間内でした。

とりあえず、発送先が分からないので、サポートに電話です。

電話はつながりにくいと思っていたのですが、昼の12時5分前という時間がよかったのか、1コールであっさりつながりました。

サポートの人が「本体側か、ACアダプターかの切り分けをしたい」とのことで、アダプターのランプの色を見てくれとのことだったので、「ランプは緑」と答えました。まえもってネットで調べておいてよかった。

で、発送先とこちらの住所氏名を伝えて終了。こちらから発送することを伝えると、送り状の品名欄に、今から言う10桁の番号を書いてくれといわれました。この番号、あとで届いたメールによると問い合わせ番号のようです。

意外だったのは、てっきり内部の部品交換だと思っていたら、現在は対応済みの本体に丸ごと交換しているとのこと。
在庫がなければ、部品交換対応となるといわれましたが。
さて、どうなるか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。