スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の新司法試験で合格者が0だったロースクール

愛知学院大法科大学院
信州大法科大学院
姫路獨協大法科大学院

自分用のメモとして。

追記(タイトルとは関係なし)
新司法試験:久留米大、熊大は合格率伸ばす 九州・沖縄「定員地方に分散を」(毎日新聞)

毎日新聞のアンケートに鹿児島大法科大学院は「首都圏一極集中の法科大学院の配置は避けるべきだ」、久留米大法科大学院も「弁護士過疎地域の解消には大規模校の定員を削減し、地方に分散させるのが良い」と答えた。


ちなみに、鹿児島大法科大学院の今年の新司法試験の合格者は受験者23人に対して1人。
久留米大法科大学院は42人中5人(これで、昨年の倍の合格率とは)でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。